和田倉門法律事務所 会社法・金商法/租税法/事業承継/エンタメ・情報法

和田倉門法律事務所

トピックス

[セミナー]金融取引実務における債権法改正対応 ~業務を見直すべき項目を中心に~

2017年10月24日

[セミナー]金融取引実務における債権法改正対応 ~業務を見直すべき項目を中心に~

加藤伸樹弁護士は、下記要領にて、株式会社セミナーインフォ主催のセミナーにおいて債権法改正に関する講演を行います。

民法の債権関係の規定を改正する「民法の一部を改正する法律」が、平成29年5月26日に成立し、同年6月2日に公布されました。改正には、融資、保証、債権管理、担保(債権譲渡)といった金融取引の各局面において、業務の見直しが必要となる事項が多く含まれています。本セミナーでは、改正債権法について、具体的な実務対応を検討する上で重要となる経過規定についても言及しながら、金融機関における従来の業務を見直す必要性の高い項目に重点を置いて解説します。

 

タイトル 金融取引実務における債権法改正対応  ~業務を見直すべき項目を中心に~

日  時 2018-01-30(火) 13:30~16:30

場  所 株式会社セミナーインフォ内 カンファレンスルーム(東京都千代田区)

内  容

1.事業に係る債務についての保証契約
(1)公正証書による保証意思の確認
(2)公正証書が不要となる場合

2.保証契約における情報提供
(1)契約締結時の主債務者による情報提供と金融機関の対応
(2)主債務者の履行状況に関する情報の提供
(3)主債務者の期限の利益喪失時における情報の提供

3.個人根保証契約
(1)個人根保証契約概念の新設と概要
(2)従前の個人貸金等根保証契約との関係

4.消滅時効
(1)消滅時効制度に関する改正の概要
(2)消滅時効期間の統一化
(3)協議を行う旨の合意による完成猶予
(4)連帯債務者・連帯保証人に関する履行請求の相対効

5.債権譲渡
(1)譲渡制限特約付債権の譲渡
(2)将来債権譲渡と譲渡禁止特約
(3)異議を留めない承諾制度の廃止

6.定型約款
(1)改正の概要
(2)定型約款に該当することのメリット・デメリット
(3)既存のひな型の検討
(4)経過規定への対応
(5)今後利用を開始するひな型をどう位置づけるか

7.その他
(1)預金取引
(2)書面による諾成的消費貸借契約
(3)第三者弁済
(4)債務引受け
(5)変動利率の導入

8.質疑応答

お問合わせ、お申込みは、主催社のウェブサイトまでお願い致します。

 

アクセス

アクセス

和田倉門法律事務所
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-5-1
大手町ファーストスクエア
イーストタワー19階

お知らせ

2020年4月2日
新型コロナウィルスCOVID-19による感染拡大を防止するため、ご相談、打合せ等は、テレビ会議システム、チャット等を活用し、対面式での打合せ等は必要最小限に留めさせていただきますので、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。
2020年1月1日
当事務所の本年の営業は1月6日より開始いたします。それ以前のご連絡は各担当弁護士まで直接お願い致します。
2019年12月24日
72期・73期司法修習生の募集は終了いたしました。
2019年10月17日
69期〜71期の経験弁護士,弁護士志望の72期司法修習生を、若干名募集いたします。
2019年7月10日
2019年司法試験受験者を対象に<事務所説明会>を開催いたします。