和田倉門法律事務所 会社法・金商法/租税法/事業承継/エンタメ・情報法

和田倉門法律事務所

トピックス

実務家のための役員報酬の手引き〔第2版〕

2017年11月30日

実務家のための役員報酬の手引き〔第2版〕

高田 剛 弁護士が執筆した「実務家のための役員報酬の手引き・第2版」が株式会社商事法務により出版されました。

また、12月13日には、株式会社商事法務主催のビジネスロースクールにおいて「役員報酬の設計見直し・開示の基本と実務 ~株式報酬の最新動向を踏まえて~」と題するセミナーも行いますので、ぜひご参加くださいませ。

 

(はしがきより抜粋)

初版を刊行した平成25年4月から、4年半が経過した。

その間、平成25年6月に第二次安倍内閣により閣議決定がなされた日本再興戦略において、コーポレート・ガバナンスの見直しが成長戦略のひとつに掲げられ、翌年の日本再興戦略改訂2014に基づき策定されたコーポレートガバナンス・コードでは、上場企業における経営者報酬について、設計の面、決定手続の面、開示、それぞれに関し尊重するべき考え方が提示された。

そして、株式報酬に関しては、経済産業省により、現行の会社法の下で株式報酬を支給することが可能であるとの解釈が示された。これに後押しされるかたちで、平成28年度税制改正により、譲渡制限付株式による役員給与を事前確定届出給与として損金算入することが認められ、さらに、平成29年度税制改正では、実務上主に利用されている株式関連報酬について、統一的な枠組みで損金算入要件が整理された。

他方、平成26年には会社法が大きく改正され、第2の委員会型ガバナンスである監査等委員会設置会社が創設された。

 

本書は、これらのインフラや、これを受けて対応が進められている上場企業の実務を踏まえ、最新の内容に改訂したものである。

アクセス

アクセス

和田倉門法律事務所
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-5-1
大手町ファーストスクエア
イーストタワー19階

お知らせ

2020年4月2日
新型コロナウィルスCOVID-19による感染拡大を防止するため、ご相談、打合せ等は、テレビ会議システム、チャット等を活用し、対面式での打合せ等は必要最小限に留めさせていただきますので、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。
2020年1月1日
当事務所の本年の営業は1月6日より開始いたします。それ以前のご連絡は各担当弁護士まで直接お願い致します。
2019年12月24日
72期・73期司法修習生の募集は終了いたしました。
2019年10月17日
69期〜71期の経験弁護士,弁護士志望の72期司法修習生を、若干名募集いたします。
2019年7月10日
2019年司法試験受験者を対象に<事務所説明会>を開催いたします。