和田倉門法律事務所 会社法・金商法/租税法/事業承継/エンタメ・情報法

和田倉門法律事務所

セミナー

平成28年の定時株主総会にどう臨むのか ~CGコード、招集通知、議案と答弁など実務上の最新動向を解説~

公開日:2016年1月31日
セミナータイトル:
平成28年の定時株主総会にどう臨むのか ~CGコード、招集通知、議案と答弁など実務上の最新動向を解説~
開催日時:
2016年2月29日
開催場所:
東京都中央区
講師等:
小出 一郎
主催者:
経営調査研究会
関連リンク:
セミナーの詳細はこちら
備考:
 平成28年の定時株主総会は、会社法施行規則の全面適用による法定記載事項の追加のみならず、コーポレートガバナンス・コード(CGコード)による任意記載等の工夫を求められ、必然的に他社との差に注目が集まります。
 安定化比率の低下、スチュワードシップコード、コーポレートガバナンス・コードにより機関投資家の重要性が高まる中、ISSの複数独立社外取締役選任へ向けた新方針も平成28年2月より適用されます。
 このような中、今後の株主総会を見据え、その第一歩として、平成28年の定時株主総会にどう臨むのかをテーマといたします。