和田倉門法律事務所 会社法・金商法/租税法/事業承継/エンタメ・情報法

和田倉門法律事務所

セミナー

【平成28年度税制改正対応】 役員報酬の設計見直しの法務と税務 ~リストリクテッド・ストック・利益連動給与など 最新動向を解説~

公開日:2016年7月8日
セミナータイトル:
【平成28年度税制改正対応】 役員報酬の設計見直しの法務と税務 ~リストリクテッド・ストック・利益連動給与など 最新動向を解説~
開催日時:
2016年9月15日
開催場所:
東京都中央区
講師等:
原木規江、高田剛
主催者:
金融財務研究会
関連リンク:
セミナーの詳細はこちら
備考:
 コーポレートガバナンス・コードを契機として役員報酬の設計を見直す動きが広がっています。特に、平成28年度税制改正において損金算入が可能となったリストリクテッド・ストック(譲渡制限株式)は、来年に向けて急速に導入が進むことも予想されます。
 他方で、税法上の観点からは、近時の裁判例においても、役員報酬について損金性や所得区分について争われた事案が複数存在するところであり、将来に争いを生じさせない設計が求められます。
 そこで、本セミナーでは、報酬設計に必要な法務・税務の基本知識と、設計見直しにかかわる担当者が知っておきたい最新動向について、わかりやすく解説いたします。